離婚後の養育費の支払い

離婚後、二人の子供をひきとって育てていますが、元旦那は養育費を払わずに2年後には再婚し新しい家庭を築いてます。
それって、とっても不公平~。

アメリカだと、未婚であっても子供が生まれたら責任があって、18歳まで養育費を支払うようになっていて
支払わないと逮捕されるようです。
なぜ日本は、養育費をのがれて平気で再婚できてしまうのか不思議。

家庭裁判所に申し立てをして、審判の結果、相手に過去の分の養育費百万と、今後月々二人で1万円の支払いが決定しても
取り立てるのは自分でするしかなく、結局、払う意志のない人は払わないのですよね。

どう頑張っても個人の力では養育費をちゃんと支払ってもらうのはムリがあります。
法律で、しっかり親の責任をとってもらうようになれば、親の責任感も変わってくるだろうし
離婚率も低くなるような気がします。

私は自分の子供を育てるのは当たり前だと思っているし、不満はないのだけど、男性側が無責任で簡単に再婚できてしまうのは
どうなんだろう?
男性側は何の責任も負う事もなく、新しく相手をみつけて子供を作り、うまくいかなければ離婚して、再婚?
男女平等というけれど、こういう面でも平等ではないよなぁ~と思えてしょうがない。

児童扶養手当があるけれど、仕事で残業をして、せっかく収入を増やしても、収入超過で児童扶養手当は減額。
これじゃぁ、せっかく残業しても生活はラクにはなりません。 遣り甲斐もありません。
真面目に仕事をして頑張っても生活はあまり良くならず、ため息がでてしまいます。

日本ってつくづく男性上位なんだなぁ~と思ってしまいます。
年々、離婚率は増加して母子家庭は増え続けて、いったいこの先はどんな世の中になるんだろうね?