就職活動をするときのアドバイス

離婚をして、シングルマザーになってからの初めての就職活動は、仕事が有り余っているときなら良いですが、足りない時には重荷だと思います。

何社受けても内定がもらえないとか、面接で嫌なことを言われてすっかり落ち込んだりとか。結婚生活と違って、社会に一歩でると現実は厳しいのも現状です。

私自身も、何社か受けた中で採用されなかった会社に関しては、どうしてだめだったのだろうとか悶々と考えたことがありました。

でもシングルマザーの人たちには、そういう思いも全て人生の糧になると思ってもらいたいなと思います。

例えば離婚してすぐに就職先が見つからなくても、見つかるまで何かしら勉強をして努力をしていれば仕事が見つからないことなど決して恥ずかしいことではないと思います。

もし仕事が見つからなかったら、実際に就職した先輩や仕事をすでに何十年もしている親などに、実際に仕事場で起きていること、仕事に就いたらどんな働き方になるのかなど、聞いて歩いて回ると良いと思います。

離婚してすぐに正社員として会社に入社したからといって、その会社で本当に自分のやりたいことをさせてもらえるかというのは実際に働き始めてみないとわからないからです。

一番本音を語ってくれるのは派遣社員のみなさんだと思います。もちろん家族や信頼できる先輩も同じです。相手のことを思って社内の人間にしかわからない内情を教えてくれると思います。

うさぎとかめの話があるように、ゆっくり回ってしっかりゴールに到着したほうが良いこともあるのです。

後は、長く勤めるつもりであれば、昇給の内容なども調べておいたり、又、福利厚生といった付属でついてくるものもとても大事です。

リサーチをたくさんして、どんなことがあっても落胆せずに、長い未来に向かって着実に地に足を付けて活動してもらいたいなと思います。